福祉住環境コーディネイターは活躍の場が多い理由

福祉住環境コーディネーターは、福祉・介護・医療・建築・インテリアなど幅広い分野で活躍の場が期待できる資格です。

求人も多く(特に福祉関係)まだまだ人材難の状況ですので給与面での優遇も期待できます。

また、高齢者が急増する日本の中で介護・福祉に関する仕事の重要性は高まり社会的意義も大きくなってきています。


福祉住環境コーディネーターは、高齢者や障害のある方に身体の変化に合わせた住宅改修プランを提案する仕事です。

建築・インテリアから福祉用具・介護保険まで、医療・福祉・介護についても幅広く学べる為に様々な業界での求人に対応できます。


今後もバリアフリー住宅やバリアフリー設計の施設などが増える中で、高収入が期待できる資格として注目されています。


●福祉住環境コーディネーターの待遇
【企業での活躍の場】
・工務店やリフォーム会社の企画プランニング
・福祉用具や家具メーカーのデザイン開発
・福祉用具レンタル会社の営業

資格を活かして企画・開発・営業と多くの職種での活躍が期待できます。


【独立・開業への道】
バリアフリー住宅向けのプランナーとして独立・開業への道は開けます。

資格取得後は一旦企業で業務(企画~提案~契約~施工~引渡し~入金)を経験することで独り立ちすることも可能です。


【福祉住環境コーディネーター資格概要】
・受験資格:なし(福祉系資格の中では例外的に実務経験も専門教育の学歴も一切必要ありません)
・試験日 :年2回(7月上旬と11月下旬)
・試験内容:3級=福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解度を確認
2級=3級レベルの知識に加え、福祉と住環境等の知識を実務に活かすために、幅広く確実な知識を身につけます。また、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力
1級=3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができる能力を求めます。
・合格率 :3級=41.2%
2級=19.2%
1級= 5.9%


【福祉住環境コーディネーター合格への道】
福祉系資格の中では例外的に実務経験も専門教育の学歴も一切必要のない資格なので、合格者では通信教育を利用する人が多いです。

通信教育の魅力は、自分のスケジュールで勉強ができること。

平日は仕事で忙しい会社員やOLや看護士・介護士などが資格取得に向けて勉強するには、通信教育が一番適しています。


【通信教育】
■LEC
LEC適性診断サービス無料キャンペーン 

■希望の通信講座を一括選択
シカトルの福祉住環境コーディネーター

■ニチイ学館の通信教育
まなびネット

■ユーキャンの通信講座
ユーキャンの通信講座

■ゼミネット(ブロードバンド講義配信サイト)
福祉住環境3級講座 3ヶ月9,300円・6ヶ月12,300円