高収入がめざせる会計・法律・不動産に関する資格と仕事を紹介

会計・法律・不動産に関する資格と仕事を紹介
当サイトでは、高収入をめざせる仕事や資格取得についてワンポイントアドバイスをしております。
ここに紹介する仕事や資格は専門性が要求されるだけに難易度の高いものではありますが、一度取得してしまえばあらゆる分野で活躍できるものです。
まずは自分の適正にあった資格の資料を請求して、検討することをおすすめします。


高収入がめざせる会計・法律・不動産に関する資格の取得方法

スクールや通信講座の選択と注意点

■講座の選択をするなら まずは自分の適正にあった仕事を決めて、それに必要な資格を取得することです。 スクールや通信講座を受講する場合には試験対策中心、実習中心講座なのかを内容も確認をしましょう。

現場感覚を身につけ、すぐに業界で働きたい人には実習メインの講座がおすすめ。
ただし、会計・法律・不動産の職種は国家資格の取得が仕事に就くための必須条件でもあります。

会計・法律・不動産の仕事につく場合、未経験からの転職でも資格を持っていることが望ましいため、資格取得のための試験対策セミナーを設けているスクールも多い。


■このポイントを見逃さないで!
会計・法律・不動産の資格は種類が多いので選択に注意しよう。
会計・法律・不動産の資格は1種類ではなく、いろいろな実施団体があるのです。
あとで後悔しないように、自分はどの仕事に就きたいのは、そのためにどのような資格を取りたいのか、よく考えてスクール選びをしましょう。


*資格試験があるかどうか忘れずに確認を。
会計・法律・不動産の資格と一口に言っても、スクールを卒業すれば取れるものと、試験に合格しなければ取得できないものとがあります。心構えがぜんぜん違ってくるので、最初に確認をしておきましょう。


*欠席時のフォロー制度はどんなものがあるかを確認
やむをえずレッスンを休まなければならないとき、欠席フォロー制度があると便利です。
また、講座修了後、仕事を始めるまでに時間があいてしまった場合にもフォロー制度があると助かります。
必ずチェックしておきましょう。


*合格に向けてのサポートシステムを確認。
合格に向けて、授業の他に試験直前に対策講座や模擬試験を実施する場合が多い。出題傾向を予測したり、直前に要点をまとめて効率よく学べるのでスクールや通信講座の内容によってどんな対策が行われているか調べるようにしましょう。
スクールや講座によっては授業外でもFAXやネットなどで質問に答える制度を設けている所もあります。

資格取得
▼“士”系の資格は高収入をめざせる
高額収入の代表者は、弁護士。大企業の顧問弁護士などいくつか掛けもちして億単位の年収を得る人も。
特許や商標の手続きをおこなう弁護士も、大企業を顧客にもつ人は高収入。
顧客件数が収入に直結する司法書士、社会保険労務士、税理士も高収入の可能性あり。


▼不動産分野には国家資格が多い
資産価値が高いためか、不動産に関する法律は多く、それを行使するための国家資格も多い。宅地建物取引主任者以外にも、土地の鑑定評価などを行う不動産鑑定士、不動産登記に必要な調査などを行う土地家屋調査士、マンション管理士、管理業務主任者などもあります。


▼金融業界の初心者が最初にめざしたい資格
金融業界の成り立ちや仕事・お金の流れなどを知りたいのなら、銀行業務検定試験をめざすのがいいでしょう。証券業務に携わるなら、まず外務員資格試験を。
資産運用について学びたいなら、ファイナンシャルプランニング技能検定3級やAFPを。


資料請求


転職・就職情報